2018年06月04日

向精神薬大量に投薬するのはNO!



向精神薬の中に抗うつ薬という者があります。

FDA抗うつ薬試験の自殺と自殺企画の件数

抗うつ薬(ゾロフト)


0.44%


プラセボ(偽)


0.25%



パキシル


1.59%


プラセボ

0.54%







サーゾン


0.60%


プラセボ


0.11%


レメロン


1.53%


プラセボ


0.61%



セレクサ


2.38%

プラセボ

1.59%


プロザック

0.91%

プラセボ

0.00%

エフェクサー

1.40%

プラセボ

0.41%



新しい抗うつ薬すべて(平均)

1.37%

SSRIすべて

1.54%

プラセボ

0.51%



ということは、どの抗うつ薬よりもプラセボの方がよいということです。抗うつ薬の方が自殺性が高まるのです!





posted by 織田信長 at 14:40| Comment(0) | 抗うつ薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。