2018年06月09日

精神医学





皆さん、こんにちは。

僕は、今の日本の精神医学はだめだと思います。

精神科医が勝手に診断名を付けて薬を大量に出し、廃人にしてしまいます。

患者は精神病というレッテルを張られたいわけではありません。

訳のわからない薬を飲みたいわけでもありません。

僕は思います。医者にこう聞けばいいのです。
「精神病という科学的な理論はどこに?」

こう聞くと医者はきっと説明できません。患者やその家族がしっかりする必要があります。
医者が頭を抱えるようになればいいのです。





posted by 織田信長 at 15:25| 東京 ☀| Comment(0) | 精神医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

精神医療



精神病が流行っているのではなく、偽の精神医学が流行っているだけ。

そうなんです。偽の診断をして薬を飲ませるトリックが流行っているだけなのです。
患者は20年後にはどうなるでしょうか?
廃人になってしまいます。
これは1970年ごろにアメリカで行われたことです。
それを日本はやっているのです。
全ての医師ではありませんが、やっている場合が多いです。
日本は少なくとも30年遅れています。
 
追いつけ、日本!

posted by 織田信長 at 18:05| 東京 ☀| Comment(0) | 精神医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。