2018年07月04日

虫の特性&着る防虫

虫の特性の一つとして、どこかに止まっているという特性があります。

ほとんどの虫は壁や服、体や木など、半分以上の時間はどこかに止まっているといわれています。

そこで効果的なのは、寄せ付けない服を「着る」ことなんです。

いわば、待ち伏せです。

別にセコくていいんです。

効果を保証するものではありませんが、一つの対策だと思います。

・素材はアース製薬と帝人フロンティアの共同開発
アース製薬と帝人フロンティアが共同開発した、繊維に虫を寄せつけない特殊加工を施した素材を使用し、日本
発のアウトドアブランド「フォックスファイヤー」が真夏でも快適に着ることができる、機能的なアウトドアウ
ェアにデザインしました。

・夏のアウトドア3大嫌なこと(虫・日焼け・汗)に対応
「防虫」に加え、「UVカット」、「吸汗速乾」という夏のアウトドアアクティビティには欠かせない3大機能を
持ったアウトドアウェアです。

・優れた洗濯耐久性
洗濯20回後でも80%以上の防虫効果を維持。持続性の高い非揮散タイプの防虫剤を、ナノレベルで生地に頑強に
固着させています。


海外出張でアフリカや南米、東南アジアなど蚊が媒介する感染症のリスクがある地域へ行くので海外出張の時なんかはこれを使ってみたいですね。

また、最近マダニによる感染症が話題になっていますけど、マダニの地域はこれを着れば安心かもしれません。



ラベル:マダニ 着る 防虫
posted by 織田信長 at 21:45| 東京 ☔| Comment(0) | 着る防虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。